空中散布における無人航空機の安全対策についての注意関喚起がございました

お知らせ
 
国土交通省航空局より、空中散布における無人航空機の安全対策についての注意関喚起が出ておりますのでご連絡いたします。

無人航空機の利活用の進展に伴い事故やトラブル等の件数が増加しております。
航空局に報告のあった事案だけでも、 平成28年度55件、 平成29年度63件、 平成30年度79件、 令和元年度は6月末までに15件が発生しております。
特に、最近では、農薬散布中の無人航空機が架線等に接触し墜落する事案が頻繁に発生しています。
本事案による人的被害は出ておりませんが、農薬の空中散布として使用する無人航空機により近隣家屋の壁面や送電線や電話線等の架線を損傷させております。
また、 一歩間違えれば人的被害に至る可能性も想定されるところです。

無人航空機を飛行させる際は航空法及び関連法令等を遵守し、地上の人又は物件等や航空機に影響がないよう、飛行マニュアル等に基づいた安全措置を十分に講じた上で飛行の安全に万全を期すことに加え、 下記の措置が確実にとられますよう周知・徹底願います。



1.無人航空機を飛行させる前に、必ず飛行経路周辺の障害物、特に架線などの飛行中に視認しづらいものを注意し、それらが安全飛行に影響がないことを確認すること。
2.無人航空機の飛行にあたり、 飛行経路周辺の監視等の安全に配慮した飛行を行うこと。 特に飛行経路の周囲の監視等のため補助者を配置する場合は、事前に補助者との役割分担を明確にした上で、飛行中は操縦者と補助者との相互のコミュニケーションを密にし、それぞれが常に緊張感をもって安全に配慮した飛行を行うこと。

参考
◆航空法及び関連法令等
 航空局HP「無人航空機(ドロ ーン ・ ラジコン機等)の飛行ルール」 http://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk10_000003.html
 
 
カテゴリ

お問い合わせ先

株式会社セキド SUSC 運営事務局

TEL:042-505-9299 FAX:042-505-6588
受付時間 (平日 11:00~17:00)