SUSC

    ―国土交通省登録 管理講習団体―
    セキド 無人航空機 安全運用協議会
    SEKIDO UAV Safety Commission
  • ドローン安全運用の道しるべとしてあり続ける

    SUSC セキド無人航空機安全運用協議会は、全てのドローンユーザーや企業団体に対し、 安全で効果的なドローンの運用や活用についての教育活動を通じて、健全なドローン社会の発展に尽力します。 各産業利用からホビーユースまで、専門性の高い講習を構築し、 当然のようにドローンが飛び交う世の中の実現にむけ、安全と安心の支えとなる事業活動を積極的に推進します。

    ドローンオペレーター、ドローンを必要としている業種、ドローンを導入する事業者、運行管理者、製造や開発元、 研究機関等と密に連携をとり意見交換を重ね、真に社会が求めるドローンや活用方法について提案や提言を行います。

  • 活動指針

    ードローンが安全に運用される社会の実現に向けて尽力する。
    ー「ドローンと産業の架け橋」 として、ドローンの活用現場に即した実践的な講習の開発と提供を行っていく。
    ー全ての人がドローンの運用に必要な基礎的/実践的技術や知識を習得可能な環境をつくり上げる。
    ー常に市場の変化の半歩先を行き、現場力のある操縦士を育成し続ける。
    ードローンに関する包括的サービスを提供し続ける。
    ーハードとソフトを連動し、成果を生む実務的プラットフォームを提供し続ける。

  • 背景

    株式会社セキドは、日本国内でのドローンの健全な普及を推進するため、
    他企業に先駆けてドローンの販売から教育、アフターサポートまで包括的な業務を担って参りました。
    日本最大の販売網を生かし、沢山のお客様と関わりを持たせていただくなかにおいて、
    ドローンパイロットの育成や、実際の業務に根付いた取り組みが求められていることを強く実感しました。

    セキドがこれまでに蓄積してきた様々な経験と、実際の現場のノウハウの集約点として、
    2017年7月に新組織である SUSC (セキド無人航空機 安全運用協議会) を立ち上げました。
    今後ドローンが活用される各専門分野に於いて、ドローン安全運用の道しるべとなるべく、
    日本全国での安全なドローンの運用を支援いたします。

  • 概要

    講習業務

    SUSC (セキド無人航空機 安全運用協議会)は、昨今ビジネスの現場で急成長を遂げるドローン業界において、
    各企業様の業務に即したドローン運用の後押しとなるべく、ドローンパイロットの技術向上を目指し実業務を反映した安全で実務的なカリキュラムの提供を行っております。
    SUSCは国土交通省が掲げる各種管理要件を満たす公式の団体として活動をしており、当協会の豊富なナレッジを集約し、各種講習を構築・普及・実施しております。

    ドローンの啓蒙活動

    当協会ではドローンが身近にある社会の実現を目指す中で、各種セミナーへの登壇やイベント、シンポジウム、カファレンスへの有識者の派遣を通じドローン業界のさらなる発展、飛躍のため啓蒙活動を実施しております。

    ドローン関連サービスの提供

    当協会ではドローン関連サービスを受けたい企業とサービスを提供したい企業との橋渡しをすべく、広く会員となっていただける企業、団体様を募集しております。
    これまでに空撮実業務や講師派遣、講習会のアウトソーシング等のサービスを提供させて頂いております。

お問い合わせ先

株式会社セキド SUSC 運営事務局

TEL:042-505-6587 FAX:042-505-6588
受付時間 (平日 11:00~17:00)