第三級陸上特殊無線技士資格とってみた

その他
福岡でドローンの販売や講習会を行っている、DJI認定ストア福岡の平山です。

本日はDJI製品とは少し関係が無い?内容となってしまいますが、ご一読ください。

2021年3月2日に発売となりましたDJI FPVですが、当初我々はFPV!?技適は大丈夫なのか。。。?
と、騒いでおりました。

技適とは、「技術基準適合証明」の略称で、無線電波を発するものにほぼ下記の”技適マーク”が付してあり、日本の電波法を厳守しているよ!という合法を証明してくれる表記の事。といったらよいのでしょうか。
勿論、付してない製品を国内使用すると、電波法違反になります。

(技適マーク) 我々は技適が適応されていないことを懸念して、無線資格を取得することにしました。(結果、無用でしたが。。さすが、各国のコンプラを遵守するDJIですね。)

無線資格と偏に言いましても、種類があるのです。

そう、ご存じの方も多いでしょう”アマチュア特殊無線技士”と”陸上特殊無線技士”です。
この2種の違いとして簡単に言い表すのであれば、個人で使用するか、営利目的(事業等)で使用するか、という感じでしょうか。
我々は事業者として使用しますので、今回は第三級陸上特殊無線技士を取得してきました。

アマチュア無線も陸特も級によって扱いの出来る電波の強さが大きくなるようです。
ドローンであれば、アマチュア無線4級か第三級陸上特殊無線技士で十分のようですね。
(余談ですが、アマチュア無線の事を何故”ハム4級”とかいうんですかね?)

資格取得の仕方も、テストのみの一発勝負と講習を受講して修了試験を受けるという2パターンがメジャーなようです。
近郊での講習会がタイミングが良かったので、私は後者で取得しました。(合格できました。)

コチラが、免許証ですね
(免許証) 受けてみて思うのは、少し独学をして一発試験を行う方が良いのかな。。という事です。
内容として、そこまで高度な無いようでないようですし、過去問題をこなしていくと合格しやすい、、との事みたいです。
講習会の時間制約をされない点と、経済的に一発試験のほうがお安く済みます。。

DJI製品では無線資格は必要としませんが、競技用ドローン(海外製のマイクロドローン等)に興味のある方は無線資格の事もお忘れなく。。

〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●

ドローンの購入はショップまで
DJI認定ストア福岡博多

お問い合わせ先

セキド福岡
株式会社レイメイセキド

セキド福岡
〒812-8613 福岡市博多区古門戸町5-15 1F
TEL:092-262-2262
受付時間 (【R5.11.1より変更】火曜~⼟曜 10:00~18:00(※祝日、年末年始、GW、お盆を除く))