ドローンに興味のある女性必見!女性向けドローン最新事情☆彡

その他
こんにちは SUSC ドローンスクール セキド新潟上越のTakizawaです!

今回は題して「ドローンに興味のある女性必見!最新女性向けドローン事情」ということでドローンでの空撮に興味のある女性の方向けの最新情報を気になる利用シーンや機体、操縦方法、法律についてなどなど詳しくご紹介していきます!


~目次~
1. ドローン空撮って楽しいの?
2. おすすめのドローンご紹介!
3. ドローンの法律って?
4. ドローンのすすめ


 

1. ドローン空撮って楽しいの?


ドローン空撮の魅力は何といっても”かんたん”に非日常的な構図の素敵写真や動画が取れることです!

ドローンでの空撮は、旅行は勿論、バーベキューや海水浴、ハイキングなど、アクティビティの思い出を普段の日常生活では絶対に切り取ることのできない角度から映像に残すことが出来ます。


ありがちな集合写真も、




何の変哲もない旅行の一シーンも、




普通に撮っただけでは寂しい風景も




ドローンを使えば、たちまちフォトジェニックなシーンに早変わりです!
 

2. おすすめのドローンご紹介!



 
素敵な写真を撮れることは分かったけど、何から始めたらいいのかわからないとお思いですか?安心してください!

沢山のメーカが群雄割拠して様々な玄人向けのバリエーションがある、一眼レフカメラなどと違い、ドローンは世界シェアの70%以上を握っているDJIという会社の機体を購入しておけばまず間違えないです。

今回は、そんな間違え無しのDJI製の機体を用途別に2機ご紹介させて頂きます!

初心者におすすめ!始めて買うならこの機体「MAVIC MINI」



 
10月31日に発表されたDJI製の最新機体です単品価格が4万円台と非常にお手頃価格ではありますが価格からは想像もできないくらい、非常に安定して飛行してくれますしコンパクトで持ち運びもしやすく、専用アプリを使った簡単な操作で、すぐに綺麗な写真を撮影することが出来ます

写真も動画も2Kで撮影が出来ますので旅行などのアクティビティの思い出を撮るには十分、綺麗な映像が撮影出来ます。



   

プロも使う本格ドローン「MAVIC 2 zoom/pro」



 
テレビ撮影などでも使われるかなり本格的な機体です
4K動画の撮影は勿論 ROWと呼ばれる未加工の写真データまで取れるので

本格的な撮影を行いたい方向けの機体です基本的な使い方は MAVIC MINIとさほど変わりないので

MAVIC MINIに慣れてきて、よりこだわった撮影を行いたくなったら
MAVIC2がおすすめです

MAVIC2はズーム機能の付いているZOOMとROWでの写真撮影が行えるのPROの2機種がありますプロのような本格的な写真の加工を行い方はPROを、それ以外の方はZOOMがおすすめです。

 

3. ドローンの法律って?



 
ドローンをこれから飛ばす方にとって、法律については気になるところではないでしょうか?ドローンを飛行させる際に関係する法律は以下のようなものがあります

1. 航空法(改正航空法)
 重さが200g以上のドローンを飛ばすときに関係する法律です
 「MAVIC MINI」は200g以下なので考慮する必要はありません
 「MAVIC 2」は200g以上ですので飛行させる際は
   この法律を守る必要があります

  詳細は国土交通省HPにて:
   https://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk10_000003.html

2. 小型無人機等飛行禁止法
 ドローンの重さに係わらず、ラジコンやドローン、
  気球など小型の無人機の飛行を
 特定の場所で禁止するための法律です 例えば、国会議事堂や
  総理官邸など、特別な許可がなければ無人機の飛行をするを
  禁止しています。

  詳細は警視庁HPにて
  https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kurashi/heion/drone.html

3. 民法207条(土地所有権)
 刑法だけでなく民法についても知っておくほうがいいです
 例えば、土地の所有権は上空にまで及んでいるので
 人のお家の上空を飛ばすときは、その土地の所有者の方に
  許可を頂くなど配慮が必要です。

4. 道路交通法
 一時的に横断するだけなどは、そこまで気にする必要はありませんが
 (もちろん走行している車や人などの妨げになるような
  危険な飛行はNGです!)
 ドローンを道路の上で飛ばす場合はこの法律を気にする必要があります
 最低限覚えておくことは、以下二つです

・道路の上でドローンを離着陸させてはいけない
・人や車の走行を妨害するような危険な飛行はしてはいけない!

 何をもって危険と判断するかは難しいです。
 基本的には交通量の多い道路の上などは飛行させないほうが
  無難だと言えます。

5. 個人情報保護法
 これはドローンだけでなく、カメラやスマートフォンなどでもいえる
  話ですが個人が特定できるものを撮影しそれをインターネットで
  上げることは控えたほうが良いです。例えば、車のナンバープレートや
  表札なども対象になりますので撮った作品をSNSなどで公開する
  場合、関係のない人に迷惑が掛からないよう配慮が必要です。

6. 電波法
 セキドから購入したドローンであれば特に気にする
  必要はありませんが、念の為日本国内でドローンに限らず
  WIFIなどの電波を飛ばす機器を使う際には、
 技適マークの入った製品を使うようにしましょう


7. 産廃法
 ドローンを墜落させてしまった場合など、そのまま放置しておくと
 不法投棄とみなされてしまうことがあります。
 万が一ドローンを墜落してしまった場合は極力見つけ
  出すようにしてください。


8. 条例
 各都道府県の自治体によって定められいる条例についても
 注意が必要です、例えば東京都の都立公園条例では、すべての公園で
 ドローンの持込や飛行を禁止しています。

10.河川事務所などによる禁足事項
 河川敷などでドローンを飛ばす際は注意が必要です。
 例えば荒川下流の河川敷では、ラジコン飛行機など
 (もちろんドローンも含まれます)が
 河川事務所にて禁止されています。

以上、主要な法律についてのご紹介でした

こうやって見ると、普段私たちの生活においてあらゆることが
法律や条例でルール化されているのだなと改めて感じますね

法治国家の神髄を改めて感じ入りました
こんなにたくさんの法律覚えられないし、ドローンなんてどこでも
飛ばせないんじゃないの?と思ってしまいそうですが、安心してください。
ここからは、おすすめのドローン空撮ポイントやなどをご紹介します!

 
 

4. ドローンのすすめ



 
新潟県のドローン撮影スポットをご紹介します。
新潟は絶景を望める大自然や、これからの時期特に楽しみな味覚狩りなどなど、旅をするのに最適なスポットがたくさんあります。是非新潟にお越し頂きつつ旅の思い出を素敵な写真で彩ってはいかがでしょうか?


星峠



 
まずは新潟県の十日町市にある星峠という場所です。
星峠は十日町市を代表する棚田で、大小様々な棚田約200枚がまるで魚の鱗のように斜面に広がっています。
雲海が発生し、水鏡が輝くベストシーズンには、その美しい風景を眺めようと全国各地から多くのカメラマンや観光客がこの地を訪れています
四季折々・朝昼晩と様々な顔を見せてくれる星峠の棚田は、十日町市に点在する
棚田の中でも最も人気がある棚田スポットです。そんな人気スポットでドローンを使うとこんな写真になります。
ただ、人気スポットなので場所をご利用の際は常識の範囲内で節度を守ってドローンを使うように気を付けてください。



 

恋人岬




 
もう一つ、柏崎市にある恋人岬という場所もオススメです。 カモメが空を舞い、青く澄んだ空と日本海に囲まれた断崖の岬です。
佐渡弥彦米山国定公園のなかでも、福浦海岸を一望できる景勝地で、晴れた日には遠く佐渡を望み夕日のスポットとしても知られています。ここに設置されている柵にふたりでカギをつけると将来、幸せにむすばれるといわれている恋愛成就のスポットです。ドローンで撮るとこのように地上とは全く違う風景を楽しむことができ、さらに形に残すこともできます。




 

ドローンのセミナーのすすめ

 
ここまで、おすすめのドローンや、ドローンにまつわる法律、おすすめの撮影スポットなどをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?法律周りなどもう少ししっかり勉強したいといった方や、簡単とは言うけどしっかり使いたかを教わりたいといった方は、基本的な知識と技術を1日で学べる初心者向けのセミナーがおすすめです。
ドローンは持っていても知識が欲しいという方、操縦技術を磨くための練習方法を知りたい方など、初心者の方にオススメの講習となっております。この記事を最後まで読んで下さったことを機にぜひ一度足を運んで頂きたいと思います。
 

ドローン女性社会人サークルのすすめ!


ドローンでの空撮をこれから始めたいけど一人でやるのは少し。。。とお悩みの方!セキド新潟上越ではドローン女性社会人サークルを主催しています。 このサークルでは、定期的にカメラやドローンを使った撮影会を行う社会人サークルです。ご興味のある方は是非、お問合せください!

お問い合わせ先

セキド新潟上越
株式会社フォトオフィスオーツー 結婚式場シェトヤ敷地内

〒943-0171
新潟県上越市藤野新田336-1
TEL:025-530-7718 FAX:025-530-8800
受付時間 (平日 11:00~17:00)