【新商品紹介】DJI Mavic3 Classicについて。先代機のMavic3との違いとは。

その他
新潟、新潟県ドローン、無人航空機資格、ドローン資格、上越市ドローン資格、ドローン講習、新潟県ドローン講習、ドローン企業講習、ドローン資格、長野県長野、長野県ドローン講習、DJI店舗、ドローン販売、ドローン受諾業務、長野市、飯山市、長岡市、柏崎市、ドローン空撮、ドローン動画作成、<br />
MATRICE300RTK、ZenmuseH20T、ドローン点検、新潟ドローン、UAV資格、ドローン測量、ドローン大型インフラ点検、ドローン点検業務、長野ドローンスクール、長野ドローン講習、新潟ドローンスクール、長野ドローン、ドローン長野、長野ドローン販売、長野ドローンスクール、ドローンPR動画作成、ドローンメンテナンス<br />
ドローン産業機、産業用ドローン、M300RTK、MATRICE300RTK、M300、ZenmuseP1、P1、L1、ZenmuseL1、無料セミナー、無人航空機、UAV、ドローン修理、新潟ドローン,matrice300RTK,ICY,,ict施工,ドローン免許,zenmuseP1,zenmusel1,ドローン法律,DJI Mavic 3 Classic,DJI MAVIC3 CLASSIC,dji mavic3 classic,M3C,m3c
こんにちは!今月から入社いたしましたセキド新潟上越の北澤です。
今回は、DJIから新しく発表された「Mavic3 Classic」について解説させていただきます。
本製品の特徴とスペックを紹介し、先代機である「Mavic3」との比較もしていきたいと思います。
どちらかの購入に迷っているお客様には必見です!
DJI Mavic 3 シリーズについて
「Mavic3(略:M3)」は全方向障害物検知が搭載された空撮ドローンです。
「Mavic2」の障害物検知は一部モードでの全方向障害物検知での仕様になっていたものが、デフォルトで設定されているものになりました。
カメラに関しましては、5.1K/50fpsおよび4K/120p動画撮影も可能になっておりますので、従来のドローンよりも大幅に進化した製品となっております。
今回紹介する「Mavic3 Classic」は「M3」の廉価版にあたります。
「Mavic3 Cine」も同シリーズに該当するドローンとなっています。
Mavic3 Classicスペック
ここからは本製品のスペックをご紹介いたします。
「M3」と見比べてみましょう。
  DJI Mavic 3 Classic DJI Mavic 3
本体価格

229,240円
(DJI RC-N1付属)

252,670円
(DJI RC付属)

287,760円
(通常セット)

動画撮影

(最大時)

5.1K 50fps
DCI 4K 120fps
FHD 200fps
5.1K 50fps
DCI 4K 120fps
FHD 200fps
カメラ 4/3型CMOSセンサー搭載
Hasselbladカメラ

4/3型CMOSセンサー搭載
Hasselbladカメラ
1/2CMOSセンサー搭載
望遠カメラ

有効画素数 2,000万画素 2,000万画素
本体重量 895g 895g

本体サイズ

(展開時)

347.5×283×107.7H(mm) 347.5×283×107.7H(mm)
最大飛行時間 46分 46分

最大飛行距離

(日本)

8km 8km
障害物回避 全方位 全方位
内部ストレージ 8GB 8GB
伝送システム O3+ O3+

いかがでしょうか。
比較してみると「M3」との差はほとんど見当たらないでしょう。
先代機の高水準なスペックをほぼそのまま搭載している「Mavic3 Classic(略:M3 Classic)」。
どこに違いがあるのかを次の項目で解説していこうと思います。
M3 ClassicとM3を比較してみた

ここから「M3 Classic」と「M3」を比較してまいりたいと思います。
先ほど見ていただいた表を基に解説していきます。
結論から言いますと、この2つの製品には3つ特徴があります。
  1. 1.カメラ
  2. 2.送信機
  3. 3.価格
この3つが大きな特徴といえます。一つ一つ細かく見ていきましょう。

・カメラ

まず初めに機能面のほうから説明させていただきます。
まず両者の主な違いとしましては、
「Mavic3には望遠カメラが搭載されている」点です。
M3 Classicは廉価版のドローンで、Mavic3のプラスアルファである性能を除いたドローンです。
そのため、望遠カメラが必要か不要かに応じて選ぶことをお勧めいたします。

・送信機

次に送信機になりますが、ここでの大きな違いは、
「同梱物にディスプレイが搭載されている送信機が初めから購入できる」点です。
「M3」の同梱物は送信機は付属されているのですが、こちらはディスプレイが搭載されておらず、ディスプレイ搭載型をオプションで購入しないといけませんでした。
「M3 Classic」は初めからディスプレイ搭載型の送信機を購入できるセットがあるため、オプションで購入する手間が省けます。

​​​​​・価格
最後に価格になりますが、先ほど申し上げた通り「M3 Classic」は「M3」の廉価版の製品です。
そのため安くなっております。
通常版の「M3」が「税込287,760円」に対して、
「M3 Classic (DJI RC-N1付属(ディスプレイ無)) 」は「税込229,240円」であり、更に「M3 Classic (DJI RC付属(ディスプレイ有)) 」は「税込252,670円」と「M3」よりもリーズナブルな価格設定になっております。


以上の3つが2つの製品の主な特徴です。
望遠カメラで撮影をしてみたい方は、「Mavic3」。
安価で手に取りやすい方には、「Mavic3 Classic」。
というように用途や予算などに応じて購入をご検討してみるのはいかがでしょうか。

Mavic3 Classicのお問い合わせについて
いかがでしょうか?今月登場した新モデルの「Mavic3 Classic」。
今までMavic3を手に出しづらかった方や、Miniシリーズなどの機体で空撮に慣れてきて新たにステップアップされたいお客様にはお勧めできる商品になります!
弊社ではドローンの販売だけではなくDJI産業機の無料セミナーやドローンの資格講習を新潟県と長野県で開催をしています。是非チェックして下さい!

お問い合わせ先

セキド新潟上越
株式会社フォトオフィスオーツー 結婚式場シェトヤ敷地内

〒943-0171
新潟県上越市藤野新田336-1
TEL:025-530-7718 FAX:025-530-8800
受付時間 (平日 9:00~18:00)