【送電鉄鋼点検】MATRECE300RTK & ZenmuseH20T デモフライト

その他
今年DJI 産業機として発売されましたMATRECE300RTKとZenmuseH20Tを使用して新潟県上越市にある送電線・鉄塔の点検をドローンで行いました。

撮影許可の関係でお見せできない部分もありますが、最新ドローンの性能をぜひ見ていただければと思います。



今回は、ドローンと送電線の距離を約100メートルでフライトを行い、安全なエリアでどこまで送電線の点検ができるかということを試してフライトしました。
 

ズーム機能

Z20Tのズーム機能は光学20倍ズーム、最大で200倍ズームまで可能としておりますので離れた地点からでも容易に送電線のボルトまで見ることができます。
また、広角カメラが一体となっているレンズなのでドローンが向いている方向を見失うことがないのも安全にフライトできる一つかなと思います。
 

高解像度グリッド撮影

送電線・鉄塔の点検を行う箇所を選択し、倍率を決めることで丸々自動で撮影してくれる機能です。従来のドローンですと、ズームで撮影をしてデータ整理をしていると鉄塔のどの部分を撮影したか、というのがわからなかったのですが、今回の高解像度グリッドではこの問題を解決し容易に見たい画像を抽出することができます。
 

スマートトラック機能

送電線・鉄塔の点検したい部分を選択するだけで常に真ん中に撮影対象を捉えてくれる機能です。動画の中にもありますが、従来からDJIドローンの機能にあるアクティブトラックのような機能です。
 

その他

今回M300から追加されたAIを使用した送電線・鉄塔の点検ですとか、ピンポイントといういわゆる目印をつけることができる機能ですとか最新機能を紹介した動画となっております。

撮影ポイント

今回、最新ドローンを使用した送電線・鉄塔点検をデモフライトで撮影しましたがやはり送電線の近くなので電波障害の心配がありました。ドローンは送信機と機体との間を電波で繋げていますのでどうしても電波障害の心配はする必要があります。
ただ、このM300はRTKを2つ積んでいるので通常の飛行の安全精度が向上します。
なおかつD-RTK2という機器を併用することで電波障害、ホバリングの精度を向上させることができます。
 

告知


弊社セキド新潟上越ではドローンを使用した大型のインフラ点検や測量などの受諾業務からドローンの販売・ドローンスクール(資格講習あり)・修理メンテナンスと業務を行っております。アフターサポートも充実しておりますのでぜひご活用をお願い致します。
ドローンにつきまして何かございましたら下記フォームよりお問い合わせをお願い致します。
 

お問い合わせ先

セキド新潟上越
株式会社フォトオフィスオーツー 結婚式場シェトヤ敷地内

〒943-0171
新潟県上越市藤野新田336-1
TEL:025-530-7718 FAX:025-530-8800
受付時間 (平日 11:00~17:00)